今日も病んでます ~ど腐れババアの落書き帳

病気と障害持ちの腐婆が、頭の中を整理しようと始めたブログです。思いついたことを、適当にアップします。

サブキャラが好きです

なぜかは、自分でもよくわからないのですが。
思い返せば、既に幼稚園児の頃から、アニメやマンガでは、メインのヒーローより、二番手キャラが好きでした。


ガッチャマンでも、大鷲のケンより、コンドルのジョーの方がカッコいいと思ってましたし。
(実写版じゃなく、元祖アニメの方。実写版は見てないのでなんとも)
初代ガンダムも、アムロよりシャア、シャアよりガルマが好きだった。
例えが古すぎて、すみません^^;


長じては、その傾向が、どんどん加速していきました。
二番手どころか、三番手やサブもいいとこって感じのキャラを好むようになり。


銀英伝では、ヤンやラインハルトではなく、ミッターマイヤーやシェーンコップが好き。


そして、これは誰に話しても「わからん」と、さじを投げられるんですが。


「レッドオクトーバーを追え」という映画の、役名も俳優名もよくわからない人が、好きだったんです。
ソ連側原潜の機関将校。
機関担当だから作業服で将校会議に参加してて、タバコばっか吸ってて、ほぼ喋らない。
艦長に絶大な信頼を寄せていて、艦長の意見に従うから、報告しかしない。
カッコいい!と思ったけど、スタッフロールでは、ものすごく小さくしか乗ってなくて、読めなかったんですよね。


自分で話を作る時も、サブのキャラ設定が、ムチャクチャ細かくなりがちで。
挙句に、気合い入りすぎて、主人公そっちのけで目立つ役割になったりしてます。


「三つ子の魂百まで」とは、本当だったんだなぁと、この歳にして実感してます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。